スポンサーリンク

ワイモバイルを契約してもうすぐ2年!のりかえか、機種変更か検証してみた

ワイモバイル

ワイモバイルというのは、格安SIMの一部として見られていますが、実店舗もありますし、初心者でも使いやすい格安SIMになります。
実際には、自社の回線も保有しているので、完全な格安SIMではありませんが、それでも毎月のスマホ料金を抑えやすいので人気です。
しかしワイモバイルのイメージの中に、2年目までは安くでも、3年目に入るとスマホ料金が高くなると思っておられる方が多いのではないでしょうか?

確かに以前の料金プランでは、3年目に入ると急にスマホ料金が高くなっていたので、イメージ通りです。
しかし今の料金プランや割引サービスでは、そうではありません。
実際にワイモバイルを使って3年目に入ると、どんな変化があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

ワイモバイルの2年後にはどうなる?

ワイモバイルと使って2年が過ぎると、スマホの月額料金が変わってきます。
例として、ワイモバイルの一番安い料金プランはスマホプランSというプランで、月額料金は2980円です。それに対して、契約月の次の月、つまり2か月目から13か月目までは、ワンキュッパ割が適用されるので、毎月1000円の割引が生じます。

それで1年目は1000円が割引かれた1980円でスマホを利用することができ、これが多くの方のイメージしているスマホ料金になります。それが2年目つまり14日月目になると、2980円という基本使用料が適用されるようになります。

さらに3年目である26か月目以降になると、3980円に基本使用料が変化します。というのも、スマホプラン割引というのが25か月目まで適用されていたので、2980円という月額料金になっていたからです。

これが実はワイモバイルは3年目に料金が高くなるというイメージを作っていました。確かに1980円が最終的には3980円になれば、大きな差になるので、高くなったと感じますね。

しかし今では、長期利用割引という割引があるので、26か月目からも1000円割引されます。それで以前と同じ据え置き価格の2980円で、26か月目以降も利用できます。実は他にも、26か月目以降に変化があるので、項目別に見てみましょう。

使えるデータ容量の変化

大きな変化として、データ通信の容量の変化があります。データ容量2倍キャンペーンというものが適用されています。

スマホプランSは1GBが2GB
スマホプランMの3GBが6GB
スマホプランLであれば7GBが14GB

これだけデータ容量が無料でアップされていれば、ユーザーにとっては嬉しいキャンペーンですよね。でもこのキャンペーンは2年で終了してしまうキャンペーンなんです。

キャンペーンが適用されている時のデータ容量に戻るには、毎月500円のオプションを追加する必要があります。500円のオプション代が26か月目以降からかかりますが、それでもデータ通信が多い方にとって助けになるオプションです。

学割も終了

ワイモバイルの学割の「ヤング割」も2年目で終了してしまうキャンペーンの一つです。子供たちのスマホがワイモバイルの場合は、3年目にスマホ料金が高くなるのは痛手になりますね。

機種代金の割引が無くなる

機種代金を分割払いにしているなら、機種代金分が無くなるので、支払額としては安くなります。もし一括で端末を購入されたのであれば、毎月の支払額としては高くなります。

総支払額で言えば、基本料金に戻るので変わっていないのですが、感覚的に支払額が高くなったと感じます。

乗り換えをするなら格安SIM!

こうして考えると、ワイモバイルは3年目に入ると、急にスマホ料金高くなってしまうのは否めません。
どうしてもスマホ料金を安くしたいという方は、他の格安SIMに乗り換えるのもオススメです。

いくつかの格安SIMをピックアップして比較してみましょう。

LINEモバイルはどう?

LINEモバイルの大きな特徴は、やはりカウントフリー機能でしょう。どのプランを選択するかで、変わってきますが、それでもLINEの利用がデータ容量にカウントされなかったり、SNSの利用がカウントされない機能は、LINEやSNSをよく利用する方に、オススメのプランです。

ドコモの回線を利用しているので、つながりも悪くなく、十分満足して利用することができます。しかし格安SIMであることには変わりないので、お昼の時間など混雑する時間帯には、大手キャリアの通信速度には見劣りします。
それでも使えないという事ではないので、スマホ料金を安くしたい方にはぴったり格安SIMです。

UQモバイルは?

UQモバイルは、au回線のMVNOなのですが、ドコモの端末でも使うことができるので、auの端末が無くても安心です。格安SIMなのに、通信速度やサポートなどを含めたサービスが充実しているので、キャリアと同じように使いたいという方にオススメです。

まとめ

ワイモバイルは、3年目になると月額料金が少し高くなりますね。以前と比べると、それほど高くなるわけではありませんが、それでももっとスマホ料金を節約したい方の場合は、LINEモバイルやUQモバイルに乗り換えるのがオススメです。

スマホアドバイザーがオススメするWIMAXはこれ!
手軽な安さならBroadWIMAX

面倒なキャッシュバックもなく、お手軽にWIMAXを始められるのがメリット!

キャッシュバックの安さには劣りますが、手続きをせずに安く始められるのが魅力です。

もちろん無制限なので、動画をよく見る方や通信量が多く成る方も安心!

NEXT mobileはどこでも速い!

NEXT mobileのメリットは、ソフトバンクの回線を使っていること。

プラチナバンドでどこでもつながるメリットが!WIMAXがつながりにくい場所でもNEXT mobileならサクサク!

データ通信が一定な人にぴったりです。

ワイモバイル
スポンサーリンク
setsuyakulifeをフォローする
贅沢な!?節約ライフ

コメント