スポンサーリンク

ソフトバンクの機種変更のタイミングはいつがベスト?2年後はどうする?

ソフトバンク
スポンサーリンク




現在スマホは住んでる場所、年齢、立場のに関係なく、生活に必須のものとなってきています。そして、そのスマホを新しくするのも定期的に重要なことですね。

しかし、キャリアや料金プランが多種多様にな昨今、どのタイミングで機種変更をするのが一番良いのでしょうか。タイミングによっては違約金を取られたとか、損をしたとの話もよく聞きます。この記事ではソフトバンクで機種変更をする時のベストタイミングを考え、解説していきます。

スポンサーリンク

機種変更をする際の違約金との関係は?

ソフトバンクで、スマートフォンやケータイを契約する際、ほとんどの方が2年縛りのあるプランを選択しています。このプランは、2年以内に解約しないということを条件に、月額使用料金の割引を受けられるサービスです。なので2年以内に解約してしまうと、契約違反になり高額な違約金が発生します。

なので、2年経てば自由に解約できると思われがちですが、そういう訳にはいかないようです。
先ほどもお話したように、2年縛りは2年以内は解約しないことが条件です。契約期間は2年(24ヶ月)なので、違約金なしで解約できるのは契約から25ヶ月目と26ヶ月目だけです。
この期間以外の解約は、違約金が発生しますのでご注意ください。しかも通信費は日割り計算されません。数日の使用で1カ月分の料金の請求が来ます。そのことも考慮に入れて解約するのか決定すると良いでしょう。

機種変更は可能?

では、2年以上経たないと自由に機種変更できないのでしょうか。いいえ、大丈夫です。ソフトバンクでの機種変更は、契約自体を解消することではないからです。それで、いつ機種変更しても違約金は掛ることがありません。しかし、機種変更で違約金が発生してしまうケースがあるので注意が必要です。

例えば、機種変更をする際に2年縛りを外し、年契約割引をなくしてしまうと違約金がかかります。プラン変更する場合でも「2年契約/2年契約(フリープラン)」への加入が必要です。

月月割りと機種代金について

ソフトバンク内ので機種変更に違約金が掛からないことが分かりましたが、さらに注意が必要なことがあります。

2年縛りが終わると割引も終了するから、25か月目に機種変更をすれば良いと思ってはいませんか。最近は、分割48回で機種代金を支払っている方も多くみえます。新しい端末に気分新たになったかもしれませんが、旧端末の分割払いの残金は終わっていませんので、これからも払い続ける必要があります。

新しい端末の月額使用料金プラス、旧端末代金の支払いが加わります。しかも、旧端末に適用されていた「月月割」が、機種変更の前月で終了となるので割り引かれていた金額が上乗せになり月額料金が増えてしまいます。

分割回数=契約期間ではない!ということを忘れないようにしましょう。

それで、旧端末の代金をきれいさっぱり支払ってから機種変更をしたいと思う方は、26か月目に機種変更する必要があります。間違いがちなのですが、先回の機種変更から数えて2年ではなく、最初の契約から更新月を数えるので必ず自分の更新月、日を確認してください。

自分の『締め日』はいつ?

ソフトバンクでは締め日が3パターンあります。これは、いつ契約したかで変わってくるそうです。ずっとソフトバンクを利用している方は1日から同月末日、ここ近年に入られた方は21日から翌月20日での契約の人が多いようです。
以下の3パターンがあります。・11日から翌月10日まで
・21日から翌月20日まで
・1日から同月末日まで
同じ月更新の場合でも更新日は違うので締め日の確認は大切です。

自分の『更新月』を確認する

では、いつが更新月になるのでしょうか。それは「My SoftBank」にアクセスしてください。「契約確認」から料金プランをみると「更新月20××年×月×日から1か月間」と確認することができます。
更新月のカウントは2年縛りのプランに加入した時から始まります。
以下のようなサイクルになります。
→加入して2年
→2か月の更新期間
→2年契約続行
→2か月の更新期間
→2年契約続行

このサイクルが解約するまで続きます。
長期続けていると、更新月がずれてゆくので、この季節に入ったはずとの記憶での機種変更はできません。必ずご確認を!2年ごとに機種変更している場合は、更新月が変わらないので分かりやすいですね。長期機種変更していない方以外にも、更新月が変わってくる場合があります。

海外赴任や留学中に利用する「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」によって契約期間のカウントがストップした場合がそうです。「MySoftBank」では更新月、締め日の他に機種代金の支払状況や残高も調べることができます。定期的に確認しておくと月々の金銭管理にも役立ちますよ。

お得に機種変更をする方法は?

基本的に、2年が経って機種代金を支払い終わってから機種変更をするのが、ベストな選択なのですが、お得に機種変更をする方法はあるでしょうか?

『オンラインショップ』でお得!

オンラインショップのメリットは、安く機種変更することができる事です。
というのも、オンラインショップの場合、頭金を設定していないので、通常の店舗や家電量販店で払う必要がある頭金の分が安くなります。この頭金は、各販売店が設定しているものなので、店舗によって金額が異なります。

それなら安いところで機種変更をしたいですよね。そんな方にオススメなのが、このオンラインショップからの機種変更です。店舗のように待つ必要がなく、24時間いつでも自分の都合・タイミングで注文することができます。送料無料で送ってもらえば、時間もお金も節約に!

『機種変更先取りプログラム』でお得!

2年経ってからしか機種変更できないの?新しい機種がどんどん出てくる昨今、とても2年なんて待っていられませんよね。
そんな方に嬉しいサービスがあります。

2年契約プランと一緒に『機種変更先取りプログラム』(月額300円)に加入していると2年で機種変更ができるんです。

このプログラムは、対象機種購入時に加入して12ヵ月経過後、機種変更する時に旧機種の回収・査定完了する条件を満たすと、最大7ヶ月分の旧機種の支払い残高が実質無料になるんです。

請求書には旧機種の分割支払いが続いていますが、毎月の通信料金から分割支払金残債相当額が割引かれるので実質無料といえます。

13ヶ月目から18ヵ月目に機種変更すると、前倒し手数料が2,000円掛かりますが、19ヵ月目から25ヵ月目の機種変更には必要ありません。店舗や家電量販店で頭金を払うことを考えれば、前倒し金2,000円なんて安いですね。

『半額サポートfor iPhone/ Android』でお得!

「2年ごとに新しいスマホを持ちたい!」そんな夢を叶えるプランが『半額サポートfor iPhone/ Android』です。

「機種変更先取りプログラム」とは違い月額料金は発生しません。以下の条件を満たすと、旧機種の機種代金の最大90%OFFになるんです。

・48回の分割払いで対象機種を購入する
・25ヵ月目で端末を回収する

2年ごとと思っていても1年で機種変更をしたくなる時もありますよね。そんな時でも2年目までの1年分の差額を支払うことで機種変更は可能になります。考慮する価値ありますね。

まとめ:機種変更は更新月を確認してから!

・ソフトバンク内での機種変更に違約金は取られない!
・旧端末代金を払い終わった26か月目に機種変更すると月額が増えない!
・更新月,日を「My SoftBank」で確認してから機種変更する!
・オンラインショップで機種変更すると頭金が掛からない!
・「機種変更先取りプログラム」「半額サポートfor iPhone/ Android」加入で1.2年後の機種変更がお得!

ぜひ、ベストなタイミングで機種変更をして、新しいスマホをゲットしてくださいね。

ソフトバンクの機種変更はこちらから↓↓

ソフトバンク
スポンサーリンク
setsuyakulifeをフォローする
スポンサーリンク
SoftBank正規取扱店 SMART PHONE STORE

オンラインのソフトバンク正規代理店。通常のソフトバンクのキャンペーンの他に、キャッシュバックキャンペーンも!

オンラインで手続きが完了するので、非常にスムーズに乗り換えができます。

贅沢な!?節約ライフ