スポンサーリンク

Galaxy S10はフルスクリーンで3モデル構成!?大容量バッテリーも搭載!

ドコモ
スポンサーリンク




Galaxy S10は来年の頭には登場するのではと予想されています。これまでのデザインから、大きく変更される可能性も言われています。

メモリについては、先日の記事で12GBのメモリの搭載の可能性を記事にしました。Galaxy S10とMate P30 Proは大容量メモリか?12GBRAM搭載の可能性!をご覧ください。

またスペックについては、Galaxy S10+の性能が大きく向上する可能性の高さがあります。
Galaxy S10_S10+ のスペックは?発売日やその特徴を予想!こちらの記事で詳しく解説しています。

この記事では、Galaxy S10のスクリーンについてと、モデル構成について解説していきましょう。

スポンサーリンク

S10はフルスクリーンを採用している!

Phone Arenaが報じている所によると、画面占有率が93.4%になることが予想されています。後程触れますが、S10は3モデル構成になることが大きな可能性として取り上げられています。ディスプレイには、各種センサーやインカメラ、さらには指紋認証も統合されるので、画面占有率が大きくなり、「93.4%」になると報じられています。

比較をするのに、現行のGaalxy S9の場合には、「83.6%」の画面占有率なので、いかにディスプレイが大きいのかが分かります。

バッテリーの容量は4000mAh!

報道されている内容によると、バッテリーの容量にも触れられています。まずは現行のGalaxy S9+の場合は、3500mAhになっています。Galaxy S10+は4000mAhの大容量バッテリーを搭載するとされています。

本体が小型化しているのにも」関わらず、Galaxy Note9と同じ容量になっているので、本体の小型化が進んでいると言えるでしょう。

S10のモデル構成は3つ!

近日の報道から、予想されているS10のモデル構成は以下の3つになります。

 

Galaxy S10 Lite Galaxy S10 Galaxy S10+
ディスプレイ 有機ELディスプレイ 有機ELディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 5.8インチ 5.8インチ 6.3インチ
RAM 4GB 6GB 8/12GB
Edgeスタイル ×
指紋認証の搭載場所 本体側面 ディスプレイ ディスプレイ
カメラ シングルカメラ デュアルレンズカメラ トリプルレンズカメラ

エントリーモデルとされている、S10 Liteのスペックが予想以上に低いというのが、正直な感想です。これほど低いスペックなのであれば、ミドルスペックスマホの方がよりカメラの性能が良い可能性も高くなります。

最近のはやりのデュアルレンズも搭載されていないとなると、ミドルスペックスマホよりもエントリースマホ寄りのモデルになりそうです。

名前のS10からすると、S10のエントリーモデルとは言っても、ミドルスペックほどは欲しいと感じます。しかしこの表を見ると、ミドルスペックとはいいがたいスペックになりそうです。

正式な発表を待つしかありませんが、続報が気になるニュースです。

 

surce:phonearena

ドコモ格安SIM
スポンサーリンク
setsuyakulifeをフォローする
スポンサーリンク
おとくケータイ.net

ソフトバンクの正規代理店で安心して乗り換えができます。キャッシュバックがあるので、非常のお買い得に新しいスマホを手に入れること可能!

ドコモとauユーザーなら誰よりも安くスマホをゲットできるチャンス。

SoftBank正規取扱店 SMART PHONE STORE

オンラインのソフトバンク正規代理店。通常のソフトバンクのキャンペーンの他に、キャッシュバックキャンペーンも!

オンラインで手続きが完了するので、非常にスムーズに乗り換えができます。

贅沢な!?節約ライフ