BroadWiMAXのメリットは!?安さだけが特徴なのか考察!

WiMAX


スマホやタブレットなどで通信制限を気にせず、自由にネットが使えるネット回線が、ワイマックスです。

広告などで見たことがあるので、なんとなく知っている方も多いですが、たくさんのプロバイダがあるので、それぞれにどのような特徴があるのか、分かりにくくなっています。

ここでは月額料金が安いと話題のブロードワイマックス(BroadWiMAX)について、メリットや注意点をまとめていきます。

業界2位のブロードワイマックスについて

業界2位にまで顧客獲得シェアを伸ばしている、ブロードワイマックスは勢いに乗っているワイマックスです。

 

人気の理由を簡単にまとめると、ブロードワイマックスは月額料金が安いという特徴です。

 

ブロードワイマックスの場合には、他のワイマックスのプランに比べると月額料金が安くなります。

多くの方が申し込むギガ放題プランの場合は以下の通りです。

  • 1~2か月目は2,726円
  • 3~24か月目は3,411円
  • 25か月目以降は4,011円

キャッシュバックがない代わりに、月額料金が抑えられているので、面倒なキャッシュバックの手続きをしなくても良いのが魅力です。

ちなみに、クレジットカード払いにすると、初期費用が無料になります。

ブロードワイマックスの特徴は?

ブロードワイマックスには、人気を集める特徴がたくさんあります。それぞれの項目を見てみると、なぜ人気なのかがはっきり分かります。

キャッシュバック無しの簡単料金体系

多くのワイマックスの場合には、キャッシュバックが用意されています。お金が戻ってくるなんてお得!と思いがちなのですが、このキャッシュバックが少々やっかいなものです。

ワイマックスに関わるキャッシュバックの大多数が、受け取れていないというデータもあります。

つまりブロードワイマックスの様に、キャッシュバック無しの料金体系はシンプルで、キャッシュバック申請の忘れがないので、安心してワイマックスを利用できるのです。

キャッシュバックを申請するのは面倒だと思われる方には、ぜひおすすめのワイマックスです。

ブロードワイマックスとGMOとくとくBBと比較する

ブロードワイマックス GMOとくとくBB
契約期間 3年 2年
キャッシュバック 無し 3万円から4万円
初期キャンセル 8日以内 20日以内
実質総額 131,491円 154,506円
実質月額 3,652円 4,291円(CB35000円有の場合3,319円)
独自キャンペーン 他社ワイマックスから乗り換え違約金負担
指定光回線への乗り換え違約金不要

 

ブロードワイマックスの料金体系は2種類

・ライトプラン

ライトプランは、月額料金は安いのですが、WiMAX 2+を月に7GB以上使いすぎると、通信制限がかかるプランです。

基本的なメールやブラウジングがメインで、動画は外ではあまり見ないというのであれば、ライトプランでもデータ容量が収まります。

最初の24か月は2,726円からスタートし、25か月目以降は3,326円になります。

・ギガ放題プラン

月額料金はライトプランよりも少し高くなりますが、通信制限がないので、外でゲームをしたり、動画を見たりしても問題ありません。

最初の2か月は2,726円からスタートし、3~24か月は3,411円、25か月目以降は4,011円です。

初期費用が無料!

ブロードワイマックスは、月額料金が安い代わりに、初期費用の高さがデメリットなのですが、初期費用が無料になります。

事務手数料の3000円はかかりますが、その他の初期費用はかかりません!

初期費用が無料になるには条件があり、

ネットからの申し込み
クレジットカード払いの選択
指定オプションへの加入(解約可能)

この3つの条件を満たす必要があります。

オプションはすぐに外す事ができるので問題ないとして、ネットからの申し込みとクレジットカード払いの選択は忘れないようにしたいですね。

こちらのリンク↓↓からすぐに申し込み可能です。

【BroadWiMAX】業界最安値2,726円!

8日以内なら解約無料

ブロードワイマックスは8日以内であれば、解約可能です。つまりしばらくの間、自宅でも使えるか試すことができるという事です。ワイマックスは、au系の回線を使っているので、場所によってはつながりにくいこともあります。

そんな時でも8日以内であれば、解約できるので、まずは自宅で使用可能かテストしてみることもできます。

契約すれば、有無を言わさず解約には違約金がかかるという事はありませんので、安心して契約できます。

ブロードワイマックスのデメリットは?

サポートの弱さ

本家のワイマックスに比べると、サポート面では弱さが残ります。普段は問題なく使えているかも知れませんが、何かを聞きたいなどのサポートを頼りたい時には、本家のようなサービスが魅力になることもあります。

初期費用の高さ

ブロードワイマックスのデメリットとして、初期費用の高さもあります。しかし現在は、ネットからの申し込みで初期費用が無料になるキャンペーンをしていますので、このデメリットは相殺されています。この初期費用が無料キャンペーンはネットからの申し込みがポイントですので、こちらから申し込みしておくのをオススメします。

【BroadWiMAX】業界最安値2,726円!

解約金について

これはワイマックスのすべてに言える事ですが、短期で解約すると高くなります。

1年以内:19,000円

2年以内:14,000円

それ以降:9,500円

もし短期で契約することを考えているなら、こちらがオススメです。
月間通信制限なし!民泊Wi-Fi【famifi】

 

ブロードワイマックスのつながりやすさは?

基本的にワイマックス自体は、どのプロバイダを使ってもつながりやすさは同じです。人口カバー率は94%となっていますが、実はビルや山間部では、つながりにくい特性を持っています。

これは電波の種類によるもので、直進性の高い電波を利用しているので、建物の中にまで入りにくくなるのです。ガラスに種類にも影響し、鉄線入りのガラスやスモークガラスなどは、電波を通しにくいので、つながりにくくなる可能性もあります。

・無線LAN中継器を活用する

一つの解決方法として、無線LAN中継器を利用する方法があります。自宅内での電波を強くする方法として、考えてみることができます。窓際にワイマックスを置いておくと電波のつかみが良くなり、自宅内では中継器を通してWIFIが良くつながるようにします。

ブロードワイマックスに初期費用0円でも申し込む方法

・0円になる条件を確認

まずは0円になる条件を確認します。それはネット経由での申し込みという事、クレジットカード払いを選択すること、さらに「安心サポートプラス」と「MyBroadサポート」の2つのオプションに加入することです。

・1端末を選択

端末を選択できるのですが、オススメはW05です。最新機種ですし、電波のつながりも良い機種と話題ですので、W05を選んでおくと間違いがないでしょう。

・2料金プランを選択

料金プランは、ライトプランかギガ放題プランのどちらかから選びます。

もし悩んでいるのであれば、ギガ放題を選ぶとよいでしょう。契約のほとんどがギガ放題ですし、通信制限がないので、たっぷりインターネットを楽しむことができます。

・3タブレットやパソコンを買うか

オプションでタブレットかパソコンを買うか選びます。基本的に、分割でついてくるだけなので、特にお得という訳ではありません。

・4サポートオプションを買うのか

サポートオプションを買うのかを選択する画面になります。初期費用0円のキャンペーンを適用させるには、「安心サポートプラス」と「MyBroadサポート」が必要ですので、忘れずに選ぶようにします。

・5料金の確認

料金の確認、必要情報の入力を経て、申し込みをすれば注文が完了します。

安くワイマックスを使いたい人におすすめ

ブロードワイマックスは、面倒なキャッシュバックがなく、シンプルな料金体系ですので、安心して使えるワイマックスです。ワイマックスは月額料金が高いイメージですが、ブロードワイマックスは安くワイマックスを楽しめます。

 

ブロードワイマックスはこちらから申し込みをして、初期費用を無料にしましょう。

コメント