スポンサーリンク

BIGLOBEモバイルの最低利用期間は?解約の手順も解説

ビッグローブモバイル
スポンサーリンク




BIGLOBEモバイルは格安SIMの中でも、通信速度が安定しており、エンタメフリーオプションがあるので、動画をたくさん見る人におすすめのSIM。

それでも気になるのは、2年縛りなどあるのかということ。結論から言うと、最低利用期間は12か月までで、期間内の解約は1,000円違約金がかかります。

これは音声SIMの場合で、データSIMの場合には違約金はありません。

さらに詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

BIGLOBEモバイルの最低利用期間は?

BIGLOBEモバイルを契約しているときに2年契約のようなものはありません。

しかしBIGLOBEモバイルの音声SIMの場合には、最低利用期間が設定されており、期間内の解約には解約金がかかります。

解約料がかかるのは、利用開始翌月を1か月目として12か月目までです。つまり利用を始めた月から数えると、13か月前まで違約金がかかってしまいます。

もし4月に申し込みをしたら、翌年の5月31日までという計算です。

データSIMの場合には、初月無料で使えるのですが、1か月で解約する場合には当月の利用料金を支払うことになります。

13か月目が終われば解約金はかからない

音声SIMの場合には13か月が最低利用期間となりますが、その後であればいつ解約しても解約金は必要ありません。

最低利用期間を過ぎれば、好きなタイミングで解約することも可能です。

端末を24回払いで支払っている場合には注意

最低利用期間は13か月になりますが、もし端末を24回払いで支払っている場合には残高に注意しましょう。

残っている残高を支払う必要があります。

BIGLOBEモバイルの解約方法

BIGLOBEモバイルの解約方法をご紹介します。

解約は電話でする

解約をするには、電話から行います。

店頭での解約手続きはできませんので、注意しましょう。

解約する場合の電話番号

0120-923-402(通話料無料)
※IP電話からの場合03-6327-1632(通話料お客さま負担)
受付時間 9:00~18:00(年中無休)

MNP転出する場合の電話番号

0120-983-028(通話料無料)
受付時間 9:00~18:00(年中無休)

解約する際には、「BIGLOBE ID」があるとスムーズに手続き可能です。

またMNP転出には、3,000円の手数料がかかります。

25日までに解約しよう

解約するときには、25日までに解約の手続きをすると当月の末日に解約が成立します。

もし26日以降であれば、解約は翌月末になります。

~25日までの手続き:当月末
26日以降の手続き:翌月末

解約の手続きをしても、月末まではサービスが利用できます。もしMNPの場合であれば、回線の切り替えのタイミングまで利用できます。

解約自体も電話で簡単に行えるので、2年縛りなどを気にすることなく申し込みできますね。

解約する注意点は?

解約する場合の注意点もご紹介します。

店舗では解約できない

BIGLOBEモバイルは店頭で解約することはできません。

電話からのみ解約が可能ですので注意しましょう。

26日以降は翌月末の解約

25日までの解約手続きで、当月末で解約されます。もし26日以降に電話で手続きをした場合には、翌月末になりますので注意しましょう。

音声SIMの場合には違約金がある場合も

データSIMの場合には解約金がありませんが、音声SIMの場合には最低利用期間内に解約すると違約金が発生してしまいます。

BIGLOBEモバイルの場合には、利用開始月の翌月から計算して12か月となるので、利用開始月も合わせると13か月以内の解約の場合に違約金が発生します。

違約金ですが、2019年10月以降に契約した場合には、1,000円です。
もし2019年9月末までに契約した場合には、8,000円の違約金になります。

違約金負担は減少しましたが、まだ違約金は残っているので、解約した時期は注意が必要です。
2019年9月に契約した場合でも、2020年10月以降に解約すれば違約金は発生しません。

端末残債は一括返済

BIGLOBEモバイルは、端末とセットで購入すると24回払いになるので、24か月以内で転出したり解約したりすると残債を一括返済しなければいけません。

残債は分割請求されるところもあるのですが、BIGLOBEモバイルの場合には一括返済になるので注意しましょう。

解約月は全額請求

解約月の利用料金ですが、日割り計算はされずに全額請求されます。

しかしBIGLOBEモバイルの場合には、月の中旬に解約の手続きをしても解約されるのは月末日になるので、末日までは通信ができますので問題ないでしょう。

しかしMNPの場合には、回線の切り替えと同時にBIGLOBEモバイル回線は使えなくなります。

追加SIMがあるなら削除してから

もし今契約しているSIMに、SIMカードを追加してシェアする契約をしているのであれば、まず「SIMカードの削除」が必要になります。

マイページから手続きを行い、SIMカードの削除を行います。解約の前にこの手続きを行うようにしましょう。

タイプDのSIMは返却が必要

BIGLOBEモバイルを契約するときには、SIMカードを借りて使うことになるのですが、タイプDを契約しているなら返却が必要です。

返却先はこちら

〒277-0834
千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13-1 ロジポート北柏501
ビッグローブ株式会社
BIGLOBEモバイル SIMカード返却センター

解約後20日以内に上記の住所に、普通郵便で送付します。

BIGLOBEモバイルから乗り換える際のおすすめキャリア

もしBIGLOBEを解約して、別のキャリアに転出することを考えている場合におすすめのキャリアをご紹介します。

UQモバイル

もしBIGLOBEモバイルを解約したいという原因が通信の遅さであるなら、auのサブブランドであるUQモバイルが良いかもしれません。

格安SIMの中でも、通信速度が速いのですが、これはauのサブブランドという強みです。

しかし最大で14GBまでしか契約できないのは、デメリットかもしれません。データシェアをしないのであれば、14GBもあれば十分というのであれば、UQモバイルは無難な選択肢ですね。

おすすめな理由

UQモバイルの公式サイト

ワイモバイル

ワイモバイルもソフトバンクのサブブランドですので、通信速度が速いことが特徴です。

もしauの回線もドコモの回線も遅くなってしまうエリアなら、ソフトバンクの回線なら使える可能性がありますね。

その点、ワイモバイルなら安い月額料金で使えるので、通信費を抑えたい方にぴったりです。

注意点として、UQモバイルと同様に14GBのプランが設定されていないので大容量を求める方にはBIGLOBEモバイルがおすすめです。

ワイモバイルの公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイルの解約まとめ

BIGLOBEモバイルは電話で解約することができます。オンラインやマイページからの解約には対応していませんが、それほど大変な手続きではないので、スムーズに手続きできることでしょう。

音声SIMの場合には、最低利用期間が設定されているので、契約時期と何か月経過したのか確認しておきましょう。今契約を考えているなら、最低利用期間内の違約金負担も少ないので気軽に申し込みしやすくなっていますね。

タイトルとURLをコピーしました